審査で注目されるポイントを押さえる

「お金を借りたいけれど審査に通るか不安...」
「消費者金融の審査ではどんな点が重視されているのかわからない」

など、消費者金融の審査に関して不安や疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。実際、消費者金融の審査はいくつかの審査項目に分け独自の審査を行っていますので、一般の方にとっては基準が分かりにくいというのが実情です。

原則としては消費者金融でお金を借りるのであれば、審査を通すことは絶対に必要な要件です。そこで、以下では消費者金融が審査において注目しているポイントについてご紹介しますので、しっかりと確認しておき自分が融資の対象となりそうか否かの判断材料にして欲しいと思います。

1.年齢


意外と思われるかもしれませんが、申込者の年齢も大切な審査基準の1つです。消費者金融は、主に20代から30代といった若く働き盛りの世代を融資のターゲットとして絞っています。逆に50代、60代のように既に給与収入が無くなっていたり、近い将来無くなるという人に対してはあまり積極的に融資をしたくないと考えています。

2.職業


消費者金融の審査において何と言っても重視されるのが職業です。ですが、1つ注意が必要なのは高給の職業が好まれるわけではなく、安定性の高い職業が好まれるという点です。つまり、公務員など公に近い職業の人は非常に審査に有利となります。逆に収入の安定しない派遣社員やアルバイト、また大きく収入がブレやすい自営業の人に対しては審査が不利になると考えておく必要があります。

3.電話・住所

今の御時世で携帯電話やスマートフォンといった電話端末を有していない人は非常に審査の基準からすると厳しい評価が付きます。逆に今では固定電話はそれほど重視されないため、所有していないという場合でも携帯電話を持っていれば問題ありません。
また、住所は長年に渡り同じところに住んでいると有利になります。一方、住所が短期間で転々と変わっている場合には、怪しまれてしまいマイナス評価の一因になると考えておきましょう。

4.他の金融機関からの借入状況

こちらも消費者金融は非常に厳しく審査を行う箇所です。当然ですが、他の金融機関からの借入が多ければ多いほど審査は通りにくくなると考えておかなければいけません。仮に別の金融機関への返済が滞っている状況であれば、審査に通る可能性はかなり低くなります。
また、こうした利用者の借入状況は消費者金融を含む金融機関は基本的に共有していますので、間違っても虚偽の申告などをしてはいけません。

主に以上の4つの項目を中心に消費者金融は審査を行っています。もちろん、消費者金融ごとに審査基準は異なりますので、緩い業者を探すことで断られた方が融資を受けるということも可能です。
Copyright (C) 消費者金融 審査 All Rights Reserved.